占いの歴史

占いには歴史があり、人が集団で生活しだした頃から存在したそうです。なんでも一説によると西洋の占星術は、すでに5千年以上前に誕生したといわれています。
占って歴史的に見てみると、最初はメソポタミア文明のころに発祥しました。西洋からシルクロードに乗って、中国につたわりました。

日本の占いの歴史

良し悪しはともかくとして、西洋の文明は中国を経て日本に入ってきます。なので日本でも当初は、どうやら西洋の占いが流行ったらしいです。しかし日本の占いにも歴史があり、大和時代には焼いたシカの骨に入るヒビで、占いをしていたそうです。

その後も奈良時代には亀の甲羅を焼いて、同じようにヒビの入り具合で占ったといわれています。日本にも古来から占いがあったって事なんですね。西洋占星術が入ってきた後は、一時国家として禁止されました。もちろん古くから集団の方向性を決めるために占いが行なわれて、いわゆる神様の領域みたいな部分があったわけです。

国家の大切な事を決める占いが、一個人の運勢を占うのはよろしくなかったのかも知れません。それに権力者からすれば、占い師にその座を脅かされる恐れだってあったのです。結局一時は日本で途絶えた西洋占星術ですが、今ではすっかり雑誌の巻末にはおなじみになってきました。

おすすめWEBサイト 5選


スペクトラムアナライザ



最終更新日:2021/7/1

『占い 歴史』 最新ツイート

おすすめWEBサイト 5選


プリント基板 メーカー



最終更新日:2021/2/17

ページのトップへ